即日カードローンの種類

即日カードローンにも様々な種類があります。

最初にも少し触れましたが、担保が不要な無担保型のカードローンと、担保を必要とする担保型のカードローンがあります。お金を始め、何かを貸し借りする際に必ずといって良いほど登場するのが、この担保という言葉ですが、担保というのは、将来生じる可能性のある損害や不利益に対して、一定の填補を行うこと、またはそのための物を指します。お金の貸し借りでいうと、借主が債務(借金)を確実に返済するよう、債務者である借主が、債権者(お金を貸した側)に対し、あらかじめ動産・不動産を提供しておきます。そして、万が一、返済することが不可能となってしまった場合、その提供してある不動産(土地・土地の定着物のこと)・動産(不動産以外の形ある有体物・無形名債権のこと)を、債権者が弁済を確保するための手段として利用するのです。つまりは、土地や建物などの不動産等を担保とする代わりにお金を借り、もしお金が返せなかった場合は、その不動産等を債権者へと手放す…ということです。債権者は、当然、その不動産等を販売するなりして、その貸した分の返済に充てるわけですね。

何故、同じようなカードローンなのに、担保型のカードローンと無担保型のカードローンの2種類があるのだろう…というと、利用限度額(融資限度額)の金額によって変わってくるのです。当然、利用限度額が大きければ大きいほど、返済額も高くなりますし、返済期間も長くなり、本当に返済できるかどうか…の不安も大きくなってきます。融資が高額である分、それだけリスクも大きくなり、債券者は借り手の信用力以外にも、不動産価値に見合った金額だけを融資することになります。当たり前ですよね、極端な例を挙げれば、100万円の価値しかない土地を担保にして、1,000万円を借りれるわけがありません。万が一、返済できなかった場合、担保としている100万円の土地では弁済に充てることなどできませんよね。融資額が大きく、返済期間が長い分、金利も低く抑えられていることが多いですが、審査に時間がかかりますし、担保型のカードローンは存在していても、担保型の即日カードローンは存在しません。一方、だいたいのカードローンがこれに当てはまる無担保型のカードローンは、利用限度額は低めに設定されています。融資額が少なめな分、リスクも小さいですし、債務者が返済しやすいのもあって担保は設定していないのです。もちろん、返済期間も短めです。金利は高めに設定されているところが多いようです。ただし、1回あたりの返済額(毎月の返済)に関していうと、担保型のカードローンも無担保型のカードローンも差はありませんので、その点は特に気にする必要はないかと思います。

また、即日カードローンには、消費者金融系・銀行系・信販系にも分かれます。カードローンそのものが、この3種類存在しているので、即日カードローン自体も自然とこの3つに分かれます。

消費者金融系のカードローンは、銀行系・信販系と比べると、審査は厳しくありません。審査は甘めだと言っても良いかと思います。審査するのに必要な時間もそれほど長くありませんし、申込んだその日(大抵の場合が、午前中に申し込んで、その午後)または、翌日中にはお金を借り入れることができます(審査に合格した場合)ただ、銀行系・信販系よりも金利は高めに設定されていますので注意が必要です。要するに、本当に急な出費で困った場合は消費者金融系のカードローンはとても便利な存在であるものの、金利が高いので長期的な借入れは避けた方が良い…ということですね。それこそ、その日の夜に急に他社との接待が入り、しかし銀行のキャッシュカードもなく、自宅に取りに帰る時間もない、けれど財布にお金も入っていない…という時に消費者金融系の即日カードローンを利用し、翌日・明後日にはその分を返済する…といった使い方であれば、問題はないのではないでしょうか。

銀行系のカードローンは、銀行が運営しているカードローンということです。銀行によっては、銀行に口座を持っていないと利用できないカードローンもあるようですが、最近の銀行系カードローンは、特にその銀行の口座を持っていなくても利用できるところが多くなっています。また、銀行が運営を行っている…ということで、信頼の高さはやはり魅力です。利用限度額は決して高くはありませんが、金利は低めに設定されていることが多いですし、用途の制約がないところも多く(事業資金を除く)その場合は自由に使えることができますし、更に、コンビニ・他行のATMから借入れたり、返済できる手軽さも大きな特徴となっています。ただ、商品によっては、使途に制約を設けているカードローンがあったり、その銀行で住宅ローンを利用している方のみが利用できるカードローンがあったり…と、ひとことでカードローンといっても、複数の商品を扱っている銀行が多いです。

そして信販系のカードローンは、用途の制約はありませんし、自由に使えることが特徴です。銀行系のカードローンと同様、コンビニなどに設置されているATMから融資・返済がいつでも行うことができますので、手軽に利用することが可能です。

他にも、カードローンには、ビジネスカードローン・無利息カードローンなども存在します。ビジネスカードローンというのは、法人向けに発行されるカードローンのことで、通常のカードローンと同じく、ATM等で借入・返済を自由に行うことができます。しかし、使途は事業資金に限られていいるため、自由性はありません。一般的にビジネスカードローンは、銀行系のカードローンよりも審査が通りやすく、審査期間も短くなっています。無利息カードローンは、お金を借りた日から30日間、または1週間…等、一定期間のみ利息がつかないというタイプのカードローンです。決して、借入期間中ずっと利息がつかないわけではなく、その一定期間が過ぎれば、利息は発生します。しかし、その一定期間内に返済してしまえば、利息は一切付かず、元金の返済だけで良いのでお得です。それこそ、翌日や明後日に返済するつもりで借りるのであれば、こういったタイプのカードローンを利用する方が賢明ではないかな、と思います。

…このように、即日カードローンにも、担保型・無担保型とある他、消費者金融型・銀行型・信販型…とあり、それぞれに、業者が存在しますから、本当に様々な種類の即日カードローンが存在することになります。契約をしても、お金さえ借りなければ月額費や年会費が発生するわけではありませんから、「万が一の時に…」とあらかじめカードローンと契約しておけば、いつでも利用できるので便利ではあるものの、いざ契約しようにもどこのカードローンを選択すれば良いのか迷ってしまうかと思います。

そんな場合は、目的や希望条件で絞り込んでいくのも1つの方法ではないでしょうか。例えば、初めてカードローンを利用する場合・即日融資を希望する場合・金利の低いカードローンを利用したい場合・無利息期間のあるカードローンを利用したい場合・借入限度額が大きいカードローンを利用したい場合・パートや主婦であっても利用できるカードローン…等、カードローンを利用する上で、自分が重視したい点を明確にしておくと、自然と、選択肢は絞れていくと思いますよ。

また、インターネット上には、カードローンの比較サイト・ランキングサイト、口コミサイト…等が多くあります。カードローンというのはどのようなものか…という説明なども丁寧に解説されている他、目的別にカードローンが紹介されていたり、それらのカードローンを実際に利用している方の感想・意見も紹介されているので、参考になるのではないかな、と思います。

このページの上へ